インプラント

インプラントとは、歯を失った際の治療方法の1つです。他の治療方法は、入れ歯、ブリッジがあります。
インプラントのメリットは残っている歯への負担がなく、自分の歯(天然歯)に近い機能や審美性の回復が可能です。
インプラントのデメリットは手術が必要である、顎骨の骨量や骨質(硬い、軟らかい)の影響を受ける、治療期間が長い、自費診療のため治療費が高額となるです。

 

治療の流れ

カウンセリング

インプラントのメリット・デメリット、治療方法、治療期間、治療後のイメージ、費用など、十分な時間をかけてご説明いたします。もちろん、疑問点やご質問にもお答えいたします。

検査

インプラントの治療が決まったら、骨やかみ合わせの具合などの検査をいたします。
検査方法は歯科用CT検査と歯周病検査、歯の型を取って模型診査などを致します。
検査結果によってはインプラント治療が不可能な場合もあります。

1次手術

インプラントの方向・深さを事前に検査した通りにマーキングします。

インプラントを入れる穴を専用のドリルで開けます。

インプラントを埋め込みます。

経過観察

インプラントが顎骨にしっかり固定させるために待ちます。

上顎:6か月
 下顎:3か月

1か月ごとに経過観察をいたします。

2次手術

インプラントの固定を確認し土台をつけるために歯茎に穴を開けます。

1週間ほどで歯茎が安定したら型を取ります。

歯の完成

かみ合わせを合わせたら歯を付けます。

メンテナンス

その後定期的にメンテナンスを行います。