Minimal Intervention なるべく抜かない・削らない

MI(Minimal Intervention:ミニマルインターベンション)直訳は「最小の侵襲」。治療の際の処置は必要な分だけにとどめ、できるだけ歯を残すという意味です。
2000年『国際歯科連盟』によって提唱されたのがこのMIです。
出来るだけ歯を削らず、出来るだけ神経を取らず、生まれもった歯を出来るだけ残して、歯の寿命を長くすることをせきね歯科クリニックのコンセプトとしています。