痛みの少ない治療

「歯医者は痛い」のイメージを変える様、せきね歯科クリニック
では様々な取り組みを行っております。

麻酔

塗る麻酔(表面麻酔)の使用

麻酔を打つ際の針のチクッとした痛みをやわらげるため、まずゼリー状の表面麻酔を塗ります。

電動麻酔器

麻酔液の注入量の変化による圧痛を軽減するために、当院では、コンピューター制御により一定の速度での麻酔液が注入できるよう、電動注射器を使用しています。

極細針を使用

麻酔注射の痛みを軽減するために、『超極細の針』を使用しています。

麻酔薬を人肌に温めております

麻酔液を37℃に温めてくれる装置です。 麻酔の注射が痛い原因の1つは麻酔液と人の身体の温度の差による痛みだと言われています。 麻酔液を体温と同じ程度の温度に温めることで痛みを軽くいたします。

神経伝達麻酔


下顎の奥歯は麻酔が比較的効きにくい場所です。そこでこの部分の治療を行う場合には伝達麻酔を用いることがあります。神経が下顎に向かう途中に麻酔薬を作用させることで、口唇や舌を含む広い範囲によく効く麻酔が得られるのです。麻酔効果が数時間続くので治療後の痛みが気にならなくなり、鎮痛薬の量を減らすことが出来るというメリットもあります。


リラックス

緊張している状態だとより痛みを感じてしまいます。痛みの少ない治療にはリラックスすることも大切です。そのために当院ではリラックスできる環境作りや不安を解消するようにしっかりお話しするように心がけています。