一般歯科

一般歯科とは、虫歯や歯周病の治療や予防、また歯が無くなってしまった所へのブリッジや入れ歯治療など、一般的な歯科の治療です。

虫歯

う蝕(虫歯)は、口の中の細菌(ミュータンス菌)が糖質から作った酸によって、歯に穴があいてしまう疾患です。虫歯は風邪と並び、どの世代でも抱える一般的な病気です。

 

歯周病

生活習慣病のひとつで、歯垢(プラーク)を主要な原因とする炎症性の疾患の病気です。歯を支える歯ぐき(歯肉)や骨(歯槽骨)が壊されて、最後には歯が抜け落ちてしまう病気です。日本人の40歳以上の約8割がこの病気に罹っています。

 

歯の根の治療

歯の中の神経が虫歯菌に侵されると炎症を起こして強い痛みを感じます。汚染された歯の神経を除去して、きれいにいたします。

 

被せ物やブリッジ

大きな虫歯や歯の根の治療の後には被せ物を入れます。また、1~2本の歯の喪失で両側に歯があるときはブリッジが可能です。

 

入れ歯

歯を喪失してしまった部位に入れる義歯です。人それぞれ形が違いますので、その人に合った義歯の作成が必要です。


定期検診

定期検診等で様々なチェックや予防、お掃除を行います。