小児歯科

小児歯科とは、成長期の子供の虫歯や歯並び、粘膜の病気の予防や治療を行う診療科です。 乳歯が無くなり、お口の中の成長が落ち着く中学生くらいまでが対象となります。 小児歯科では、定期検査などを継続的に行いお子様の歯の生え変わりや成長を見守って行きます。歯科に対する恐怖心のあるお子様には、まず歯科医師やスタッフ、せきね歯科クリニックに慣れていただき、お子様との信頼関係を築くことを心がけています。。

小児う蝕

小児のう蝕は、主に母親などの保護者から伝伝播したう蝕の原因菌=ミュータンスレンサ球菌によって引き起こされる感染症です。 また、う蝕の発生には食生活と日々の歯ブラシが大きく影響します。

 

乳歯、永久歯の放出

乳歯の生えかわり期はお口の状態の変化が大きいので、「歯並び」や「磨き残し」など注意が必要です。

 

フッ素

歯にフッ素を塗ることで、歯の表面の石灰化・再石灰化が促進されて、虫歯に対する耐性が強くなります。当院ではメンテナンス時に無料で行っております。

 

シーラント

シーラントとは、奥歯の溝の凸凹を埋めて、虫歯菌が繁殖しないようにするものです。 埋め込む素材はプラスチックで、奥歯の凸凹や前歯の裏側など、虫歯になりやすい部分に施します。

 

定期検診

お子様の定期検診では、虫歯、生え変わり、歯並び、粘膜のチェックと歯のクリーニング及びフッ素塗布を行います。

 

小児矯正

お子様の歯並びが気になったらお気軽にご相談下さい。
無料で矯正の相談を行っております。詳しくはこちら